クマを治す効果が実感出来る方法を知る~メラメラメラニン撃退術~

女性

糸でまぶたを引っ張る手術

目

手軽さや負担の少なさ

美容外科では、二重まぶたにするための整形手術を、主に2種類の方法でおこなっています。まずは切開法という、まぶたにメスで二重の形になるような切れ込みを入れる手術です。そしてもうひとつが、まぶたの裏側に糸を通し、それを引っ張ることで上まぶたの表面をくぼませる、埋没法という手術です。局部的にくぼむことによって、まぶたには二重の形をした溝ができるのです。どちらの方法でも二重まぶたにすることができますが、特に注目されているのは埋没法です。なぜなら糸を通すだけなので、施術時間が短くて済みますし、体の負担が少ないからです。もちろん切開法と比較すると、価格も安めとなっています。しかも安全性が高まり効果も持続しやすくなっているため、埋没法は今後さらに注目を集めていくと予想されています。

まぶたに厚みがある場合

ただし人によっては、埋没法ではうまく二重まぶたにすることができない場合があります。たとえばまぶたの皮下脂肪が多く、全体的に大きく膨らんでいる場合には、裏側から糸を通して引っ張っても、美しい溝ができにくいのです。また、溝を作って固定したとしても、皮下脂肪の厚みによって、糸がはずれてしまうことがあります。そうなると、溝がなくなり元の一重まぶたに戻ってしまうことが多いです。しかしこのような場合は、先に脱脂術を受けることで、問題が解決します。脱脂術とは皮下脂肪を抜き取る手術のことで、これはまぶたに小さな穴を開け、そこから脂肪を細く引っ張り出すという方法でおこなわれます。そうすることでまぶたの厚みは格段に減りますし、その分埋没法の施術がスムーズになるのです。もちろん効果も長続きしやすくなります。